卒業生の声

みなとロゴ縮小

20代、女性
病名・障害名(または症状や困ったこと)
自閉症スペクトラム症
初対面の人とのコミュニケーション
が苦手、人の顔色を窺い過ぎてしう。緊張しやすい。委縮しやすい
今の仕事について      
オープン、9:30~17:00までの短縮勤務
アンカー在籍期間⇒8ヵ月
アンカーを利用してよかった点
⇒コミュニケーションの練習に
なった。様々な年代と交流できた
自分の適性が分かった。困ったときに相談できる人ができた。就職につながった。
私は合同面接会で応募した2社のうち
1社に就職することができました
面接の練習のつもりで応募しましたが思い切って面接を受けてよかったと思います。焦らず、少しでも「いいな」と思える企業があれば是非応募してみてください。みなさんの就職活動の
参考になればうれしいです。

20代、男性
病名・障害名(または症状や困ったこと)
特定のニオイが苦手、ネガティブ的な認知にとらわれる。
精神的な体力が少ない(すぐ疲れる)
今の仕事について
オープン、一応フルタイム
アンカー在籍期間⇒2年
アンカーを利用してよかった点
行動を強制されることもなく、型にはめられない訓練方法。
時に厳しく指導されて反発してもちゃんと理由を話してくれたこと。
無理に頑張りすぎることはありませんが、自分と向き合い客観的に見てくれるスタッフさんとも話し合える貴重な訓練期間です。
とりあえずやってみるを繰り返しているうちに、出来ることが広がり本当に難しいことがみえてきます。
一人ひとり違う中で型にはめただけの指導ではないアンカーで、過ごしてみませんか。

40代、女性
病名・障害名(または症状や困ったこと)
統合失調症
今の仕事について
オープン、フルタイム
アンカー在籍期間⇒1年4か月
アンカーを利用してよかった点
⇒いろいろ教えてくれたのが良かったと思います。
まずは自分のペースで、とりあえず通うところから始めてみて下さい。
いろいろな人と関わっていくことにより、良い変化があればいいなと思います。
頑張る必要はないので、体調や精神状態を第一に考えて無理の無い範囲で楽しみながら就労に近づいていって頂ければ幸いです。

画像の説明

20代、男性
病名・障害名(または症状や困ったこと)
レオパード症候群(紫外線などが当たるとほくろが増える。疲れやすい等)
今の仕事について
オープン、時短勤務(9:00~16:30)
アンカー在籍期間⇒1年4か月
アンカーを利用してよかった点
⇒皆さんが気さくに声をかけて
くれたので、自分からも声をかけやすかった。
朝礼なども自分にとっていいコミュニケーションの練習になった。
いろんな就労移行があったけど、
見学・体験をして決めたことが良かった。(他の事業所も含めて)一度見学してみることはお勧めします。
それが難しい時はHPやブログ等で雰囲気などを知ると良いと思います。

30代男性
病名・障害名(または症状や困ったこと)
統合失調症
今の仕事について
オープンで9:00~16:00
働いている。食品製造の工場で商品の出荷、段ボール運び・シール貼りなどを担当(最大で30㎏の荷物を運ぶこともある)
アンカー在籍期間⇒2年2か月(トライアル雇用になり、2か月延長した)
アンカーを利用してよかった点
⇒僕は人とのコミュニケーションがアンカーに通所するまでは苦手でしたが
みんなが、優しく接してくれたおかげで、少しずつコミュニケーションの練習になったことがとても良かったです。
利用の人数もあまり多くない時間帯の午前中を中心に利用し慣れてきてから1日の参加に自分のペースで変えていけたのも負担が少なかった
ウォーキングやジムでの筋トレでリフレッシュもでき体力もついた。
仕事をすることでダイエットになった20㎏痩せることもできた。
人間関係や暑い時や寒い時も屋外の作業も有、正直しんどいなぁ辞めたいなぁと思うときもあり時々、不安もあるけどアンカーに来て色々と話しながら仕事を続けています。

20代男性
病名・障害名(または症状や困ったこと)
社交不安障害、発達障害(ADHD)
これからの仕事について
オープンフルタイム 8:30~17:00 一般事務
アンカー在籍期間⇒1年4か月
アンカーを利用してよかった点
⇒検索発表プログラム
人前で話すことが苦手だったけど、調べるだけでもOK、聞くだけでもOKという状況だったので自分のタイミングで取り組めたことが大きかった。
実習の機会がある。pc、人目があるのでさぼりにくい
朝起きる事や志望動機をまとめる事に苦労しました。その時々で相談したり電話等で促してもらったりしながら通所の安定を保てたように思います。
特性的なこともあり、朝が苦手でしたが数か所通った実習は遅刻も欠席もなくどこも高評価でその中で自分に合うところに就職できたと思います。
早い段階で内定等の話しもいただきましたが、働きやすさなども考えてじっくりと取り組めました。当初のような緊張感の高さは減り、薬の調整もできたことも大きかったと思います。

20代女性
病名・障害名(または症状や困ったこと)
広汎性発達障害、不安障害
これからの仕事について
⇒オープン 事務職 10:00~16:00
アンカー在籍期間⇒1年4か月
アンカーを利用してよかった点
⇒自分一人ではどうしようもなかったことに活路を見いだせた。
障害や同じようなことで悩んでいる人たちがいると知って心強かった
人とのかかわり方や就労のために必要なことを学べてよかった
就労までに苦労したこと (今も取り組んでいること)
自分の事についての理解を深めて言葉にしたリ対策を取ったりすること
面接対策や緊張で体調を崩してそこからどうしていくか。生活リズムの安定。実習などでプレッシャーの中、自分のできる事をやって、その評価を受け取って落とし込むこと。
これから利用をされる方のメッセージ
ご自身の病気や困りごとで必死になりながら、来ている方もいらっしゃるかもしれません。アンカーには、その悩みを聞いてどうする開所に考えてくれるスタッフさんも同じように悩みながら通っている仲間もいます。少しでも心が腫れて無地に卒業できることを祈っています。

30代女性
病名・障害名(または症状や困ったこと)
うつ状態
これからの仕事について
⇒オープン 事務職 13:00~18:00
アンカー在籍期間⇒2年
アンカーを利用してよかった点
⇒通所することで生活リズムを整えること、気分転換になりました。
体調や気分の事でスタッフさんに声をかけていただいたり、話を聞いてアドバイスいただけたりと一人でグルグル考えるよりもかなり心強いと思います。
またアンカーで教えてもらった認知行動療法やsstを活かしながら自分の傾向と対策をゆっくり考えることができた良い期間を過ごせたと思います。
就労までに苦労したこと (今も取り組んでいること)
生活リズムがなかなか整いにくく、半年に1回くらいの体調を崩すときなど
順調に過ごせない時間はしんどく感じました。
そんな状態で完全に通所出来ていた時期は少なかったですが、通所や就職活動に関してスタッフの方が声をかけてくれて、アンカーの利用期間を終えると同時に仕事を決めることができました
これから利用をされる方のメッセージ
毎日出かける場所があることが復職までの大きい手助けになることは言わずもがななんですが特にアンカーはに関してはスタッフさんがバランスが良い(?)性格の人が多くて接しやすいと思います。腹を割って話したりもしんどい時はスルーしてもいつもにこやかに接してくれるのは通う上ですごく安心感がありました。