就労移行支援事業所の特徴

就労移行支援事業所では、働くために必要な知識やスキルを身につけるための職業訓練や、面接対策等の就職活動のサポートを行います。(具体的なプログラム内容はこちら)
また、就職後の職場定着支援も行いますので、就職後には職場への定着支援もあるため、仕事が長続きしにくい方にも安心してご利用頂けます。

画像の説明

※アンカーのスタッフは福祉の専門職員だけでなく、精神科医一般企業で採用業務の経験のあるスタッフ、精神科の病院等でリワーク(復職支援)や依存等のプログラムにかかわったスタッフ等も在籍している為、企業・福祉それぞれの目線にたった就職活動の応援を行うことができます。
「オープン(障がいを開示する方法)」「クローズ(障がいを開示しない方法)」の選択だけではなく、勤務時間や職種についても話しながら方向性を決めていくということもできます。
面接にスタッフが同行する場合には訓練状況や就業上の措置等を企業にお伝えする事が出来ます。